文化遺産オンライン

山水

さんすい

作品概要

山水

さんすい

絵画 / 明治

杉谷雪樵筆

明治26年(1893)

絹本墨画

214.2×103

1幅

杉谷雪樵は幕末明治の画家。肥後熊本藩士で、室町時代の雪舟を深淵とする画派である雲谷派を伝える絵師の家に生まれた。中国絵画に倣った山水水墨画に近代的な写実表現を加味した山水画や花鳥画を得意とした。
肥後熊本+ひごくまもと+ 雪舟+せっしゅう+ 雲谷+うんこく+ 倣+なら+

山水をもっと見る

杉谷雪樵筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

山水 / 雪舟 / / 絵画

関連作品

チェックした関連作品の検索