文化遺産オンライン

雨中山水

うちゅうさんすい

作品概要

雨中山水

うちゅうさんすい

絵画 / 明治

熊谷直彦筆

明治25~26年(1892~93)

絹本着色

149.6×86.3

1幅

 熊谷直彦は、幕末明治の画家で、四条派の岡本茂彦(おかもとしげひこ)に入門し、師の死後は独学した。のち広島藩士として国事に奔走した。維新後は、東京に出て画家として活躍する。有職故実(ゆうそくこじつ)に通じ、とくに人物画を得意とした。明治37年には帝室技芸員となった。  
(2006/03/21_h18)(170530_h18)

雨中山水をもっと見る

熊谷直彦筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Meiji / 明治 / 維新 / 技芸

関連作品

チェックした関連作品の検索