文化遺産オンライン

山水図

作品概要

山水図

絵画 / 明治

川端玉章筆

明治時代・19世紀

紙本墨画

281.8×120.3

1幅

玉章は、東京美術学校の開校とともに、岡倉天心によって、京都の円山派を代表する画家として、教授に招かれた。花鳥、山水を得意としたが、高橋由一に油絵を学んだこともあり、空間構成に写実的表現がうかがえる。

山水図をもっと見る

川端玉章筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

玉章 / / 東京 / 天心

関連作品

チェックした関連作品の検索