文化遺産オンライン

臨天馬賦

りんてんばふ

作品概要

臨天馬賦

りんてんばふ

/ 江戸

市河米庵筆

江戸時代・安政5年(1858)

紙本墨書

1巻

米庵が、米芾(べいふつ)の「天馬賦」を臨書したもの。米庵自身の奥書により、安政5年(1858)、米庵80歳のときの作とわかる。米庵の双鉤塡墨(そうこうてんぼく)の「天馬賦」と比較すると、形を真似る(形臨)というより、筆意を汲みとって写している(意臨)と考えられる。(120522_h021)

臨天馬賦をもっと見る

市河米庵筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

市河 / 米庵 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索