臨天馬賦 りんてんばふ

その他の画像全5枚中5枚表示

 / 江戸 

市河米庵筆
江戸時代・安政5年(1858)
紙本墨書
1巻

米庵が、米芾(べいふつ)の「天馬賦」を臨書したもの。米庵自身の奥書により、安政5年(1858)、米庵80歳のときの作とわかる。米庵の双鉤塡墨(そうこうてんぼく)の「天馬賦」と比較すると、形を真似る(形臨)というより、筆意を汲みとって写している(意臨)と考えられる。(120522_h021)

作品所在地の地図

関連リンク

臨天馬賦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天馬賦/趙子昴書帖
天馬賦/趙子昴書帖

市河米庵模/(題字:市河蘭台筆)

米庵先生漫抄
米庵先生漫抄

市河米庵筆

市河米庵像
楽志論屏風
楽志論屏風

市河米庵筆

草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

王建中筆

ページトップへ