Detached Segment of Poem Anthology

Details

Detached Segment of Poem Anthology

calligraphy / Heian

Attributed to Kanroji Suketsune

Hein period, 12th century

Ink on paper

1幅

源俊頼が企画し、長治2年(1105)に堀河天皇への奏覧後、さらに類聚を経て完成した当代一流の歌人16人がそれぞれ百首ずつ詠んでいる『類聚百首和歌』の断簡。筆者を甘露寺資経と伝えるが、その書風から平安時代末期の書写と考えられている。

Related Works

Search items related to work chosen