文化遺産オンライン

堀河院百首切「あさかほの」

作品概要

堀河院百首切「あさかほの」

/ 平安

伝甘露寺資経筆

平安時代・12世紀

紙本墨書

1幅

源俊頼が企画し、長治2年(1105)に堀河天皇への奏覧後、さらに類聚を経て完成した当代一流の歌人16人がそれぞれ百首ずつ詠んでいる『類聚百首和歌』の断簡。筆者を甘露寺資経と伝えるが、その書風から平安時代末期の書写と考えられている。

堀河院百首切「あさかほの」をもっと見る

伝甘露寺資経筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 書写 / 断簡

関連作品

チェックした関連作品の検索