文化遺産オンライン

銅牌 無原罪の聖母

どうはい むげんざいのせいぼ

作品概要

銅牌 無原罪の聖母

どうはい むげんざいのせいぼ

彫刻 / 安土・桃山 / 江戸

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

青銅製

長9.5×幅6.1

1個

重要文化財

無原罪の聖母であるが聖母マリアの顔と頭上の光輪の表現がまるで観音菩薩と光背のように見える。また、マリアの周囲の雲の表現とマリアの足元に三日月があるところは生月島(いきつきしま)の隠れキリシタンのご神体の一つである「お掛け絵」によく似ている。(旧配布資料)

銅牌 無原罪の聖母をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

聖母 / マリア / 原罪 / Important

関連作品

チェックした関連作品の検索