文化遺産オンライン

四季花鳥図巻

しきかちょうずかん

作品概要

四季花鳥図巻

しきかちょうずかん

絵画 / / 中国

王岡筆

制作地:中国

清時代・18世紀

絹本着色

縦42 長さ521.2

1巻

銘文:「雲間王岡」 ; 「王岡之印」 ; 「南石」

王岡【おうこう】(字南石、号旅雲山人)、雲間【うんげん】(上海)の人。花卉草虫の写生を得意としたと伝わります。長大な画面に、華麗な色彩によって大輪の牡丹や百合、生き生きとした燕やカワセミなどが、ダイナミックに描かれていきます。江戸時代の著名な書家・市河米庵【いちかわべいあん】(1779~1858)の旧蔵品です。

四季花鳥図巻をもっと見る

王岡筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Qing / / / China

関連作品

チェックした関連作品の検索