片身替釉菱形水指 かたみがわりゆうひしがたみずさし

陶磁 / 江戸 

上野
江戸時代・17世紀
1口

豊前小倉藩が開いたと伝わる上野窯の作。薄づくりで菱形という珍しい形をとり、黒褐色と灰色の二色の釉によって片身替りとした水指。織部に代表される桃山様式の影響を残しながら、寛永期に流行する遠州好み、武家好みの気分が漂う。

作品所在地の地図

関連リンク

片身替釉菱形水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片身替釉手桶形水指
一重口水指(柴庵)〈信楽/〉
縫箔 黒茶片身替鉄線唐草薄扇散模様
一重口水指
瀬戸釉平水指
瀬戸釉平水指

仁清、「仁清」印

ページトップへ