文化遺産オンライン

銅布薩形水瓶

どうふさつがたすいびょう

作品概要

銅布薩形水瓶

どうふさつがたすいびょう

金工 / 鎌倉

鎌倉時代・13~14世紀

1口

水瓶は浄水を入れる器であり、古来僧侶が持つべき僧具のひとつである。この形式の水瓶が、布薩会{ふさつえ}(半月ごとに僧が一堂に会して戒を聞き、その間の自省を行ない身を清める儀式)に用いられたことから、この名がある。(20121023_h131)

銅布薩形水瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

水瓶 / 薩形 / / いびょう

関連作品

チェックした関連作品の検索