文化遺産オンライン

金小札紅糸中白威腹巻

きんこざねべにいとなかじろおどしのはらまき

作品概要

金小札紅糸中白威腹巻

きんこざねべにいとなかじろおどしのはらまき

その他 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

重要美術品

札仕立ての背面引合せの胴に大袖を付け、胸には一対の杏葉と咽喉輪を加えている。胸板や袖の冠板などにも藻獅子韋を用い、室町時代の伝統的な形式を示しているが、札は金箔押とし、威に紅糸と白糸を用いて、桃山時代らしい華やかな仕立てとしている。(さね ぎょうよう のどわ むないた かんむりのいた もじしがわ おどし)

金小札紅糸中白威腹巻をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 腹巻 / おどし /

関連作品

チェックした関連作品の検索