一の谷馬藺兜 いちのたにばりんのかぶと

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
1頭

鉢(はち)は鉄黒漆塗の一の谷形で、縁(ふち)を金の沃懸地(いかけじ)とする。後立(うしろだて)にあやめの一種である馬藺(ばりん)の葉をかたどった檜(ひのき)製の薄板を放射状に挿している。三河(みかわ)(愛知県)の岡崎藩士であった志賀家に、同家の祖が豊臣秀吉から賜った兜として伝えられたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

一の谷馬藺兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白糸威一の谷形兜
鉄錆地塗紺糸素掛威六十二間小星兜
紫糸素懸威烏帽子形桐紋兜
朱漆金蛭巻大小
黒漆塗唐冠形張懸兜
ページトップへ