Bowl Figure design in overglaze enamel

Details

Bowl Figure design in overglaze enamel

ceramics / Other Asia

Place excavated:Excavated in Iran

Islamic period, 12th-13th century

1口

玉座にすわり盃を手に取る人物とかしずく侍者が描かれています。錫白釉(すずはくゆう)を掛け、いったん焼きあげたのち器表に絵付けを施し、再度窯に入れて低火度焼成して焼き付けています。華やかなイスラーム陶器を代表する技法の一つであり、ミーナーイー陶器とよばれます。

Related Works

Search items related to work chosen