銹絵竹文茶入 銘妹背 さびえたけもんちゃいれ いもせ

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 安土・桃山  江戸 

唐津
安土桃山~江戸時代・16~17世紀
陶質
高8.6 口径3.2 底径4.7
1口

 東の美濃に対して西の雄が唐津焼であり、ともに茶陶に優れた作品が多く、茶碗や懐石具は特に高い評価を受けている。この作品は唐津焼には珍しい茶入。唐物茶入を最高に位置づけた茶入にあって、胴に銹絵で竹文を描き、歪んだ造形をとるのは桃山様式ならではのもの。(2003/12/02_h11)

作品所在地の地図

関連リンク

銹絵竹文茶入 銘妹背チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片身替釉茶碗 銘 深山路
絵唐津芦文壺
彫唐津茶碗 銘 巌
丸壺茶入(相坂)〈瀬戸/〉
唐物肩衝茶入(北野)
ページトップへ