住之江蒔絵唐櫃 すみのえまきえからびつ

その他の画像全8枚中8枚表示

漆工 / 南北朝 

南北朝時代・正平12年(1357)
1合
重要文化財

蒔絵や金貝などの技法を併用し、歌枕として知られる住之江の景を表しています。洲浜【すはま】の水際には微塵貝【みじんがい】を使い、その輪郭を際立たせています。銘文によると、本作は正平12年(1357)に芸阿が経巻を納め、住吉社へ奉納したもの。製作年代や目的が知られる貴重な遺例です。

作品所在地の地図

関連リンク

住之江蒔絵唐櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

住吉蒔絵唐櫃
平文輪彩箱
平文輪彩箱

大場松魚

金胎蒔絵漆箱 「飛翔」
螺鈿
塩山蒔絵硯箱
ページトップへ