文化遺産オンライン

龍螺鈿盆

りゅうらでんぼん

作品概要

龍螺鈿盆

りゅうらでんぼん

漆工

沖縄本島

第二尚氏時代・18~19世紀

木製漆塗

径35.0cm 高さ4.1cm

1枚

中央の宝珠(ほうじゅ)をめぐり、雲気(うんき)を発しながら空を舞う2匹の龍を描いています。大きめの貝片を貼り付け、黒漆を掛けて研ぎ出した後に、線刻を加えて細部を表現しています。双龍文は、18世紀以降、王家を象徴する意匠(いしょう)として好んで用いられました。

龍螺鈿盆をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / / 木製

関連作品

チェックした関連作品の検索