文化遺産オンライン

黒漆葡萄栗鼠螺鈿箙

くろうるしぶどうりすらでんえびら

作品概要

黒漆葡萄栗鼠螺鈿箙

くろうるしぶどうりすらでんえびら

漆工

沖縄本島

第二尚氏時代・18世紀末~19世紀

木製漆塗、鉄芯

高43.0 幅24.2

1腰

銘文:「中山宇根良方製之」

 箙は矢を入れて背負う武具。外は黒塗りに貝片を蒔き、夜光貝の螺鈿で葡萄栗鼠文と正面に家紋をあらわす。底裏には「中山宇根 良方製之」とあるが、中山とは琉球のことである。琉球の漆芸品で作者の銘のあるものは少なく、特別注文であったと考えられる。

黒漆葡萄栗鼠螺鈿箙をもっと見る

沖縄本島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / / Okinawa

関連作品

チェックした関連作品の検索