文化遺産オンライン

葡萄螺鈿衣裳箱

ぶどうらでんいしょうばこ

作品概要

葡萄螺鈿衣裳箱

ぶどうらでんいしょうばこ

漆工 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・17~18世紀

木製漆塗

1合

蓋が身の下まですっぽりと被るいわゆる被せ蓋づくりの箱で、蓋およびその四側面全体に葡萄と童子があらわされている。割り貝の手法が用いられており、貝片が放つ色鮮やかな光が美しい。

葡萄螺鈿衣裳箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索