譲状 ゆずりじょう

 / 鎌倉 

藤原為氏筆
鎌倉時代・文永6年(1269)
紙本墨書
1幅
重要文化財

同日付で、為氏が播磨国越部下庄を為相(ためすけ)に譲与した自筆の譲状。もし為相に子がないときには自分の子孫に譲るべきであると明記する。もともと悔返は公家法では認められていなかったが、鎌倉時代に悔返を盛んに行った武家法の影響を受けて行なわれるようになった。

作品所在地の地図

関連リンク

譲状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

譲状
譲状

藤原為家筆、藤原為氏署判

藤原為氏自筆譲状〈文永六年十一月十八日/〉
藤原為家自筆譲状〈文永六年十一月十八日/藤原為氏加判〉
冷泉家文書
比志島家文書(二百十六通)
ページトップへ