文化遺産オンライン

五髻文殊菩薩像

作品概要

五髻文殊菩薩像

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

絹本着色

104.7x50.1

1幅

文殊菩薩は釈迦の脇侍として普賢菩薩とともに造像されることが多い。本図のような頭に髻を結った姿は密教系の像で、右手に利剣、左手に蓮華茎の先に載せたお経を持つ少年の姿で描かれることが多い。近代茶人の松永耳庵が茶会で用いたことが知られる。

五髻文殊菩薩像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

文殊 / 普賢菩薩 / 菩薩 / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索