釈迦三尊像 しゃかさんぞんぞう

絵画 / 南北朝 

南北朝時代・14世紀
絹本着色
125.1x83.9
1幅

中央に釈迦如来、その左右に象に乗る普賢と獅子に乗る文殊の両菩薩とを描いています。時代の古い作例では象と獅子が立ちますが、蹲った象や獅子に菩薩が脚を崩して坐す形式が宋代から元代にかけて現れ、日本では鎌倉時代以降、禅宗関係を中心に広まるようになります。

作品所在地の地図

関連リンク

釈迦三尊像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈迦三尊十羅刹女像
釈迦三尊像
釈迦三尊像
文殊菩薩及び眷属像
普賢菩薩像
ページトップへ