錫杖頭 しゃくじょうとう

金工 / 奈良 / 和歌山県 

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
奈良時代・8世紀
銅鋳造
1頭

 錫杖は修験者や僧が山野を遊行する際、これを揺すって音を立て、毒蛇害虫を防いだ。杖頭部・木柄部・石突きの3部からなり、杖頭は銅または鉄製で輪を作り、ここに仏像・塔・相輪・宝瓶などを飾り、輪に音を立てるための遊鐶をつけた。

作品所在地の地図

関連リンク

錫杖頭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

錫杖頭
金銅錫杖頭
錫杖頭
柄香炉
銅造観音菩薩立像
ページトップへ