彫器 ちょうき

考古資料 / 旧石器 / 新潟県 

出土地:新潟県長岡市 荒屋遺跡出土
旧石器時代(後期)・前16000年
長2.87~5.16
5個

彫器は動物の骨や角を削るための工具として用いられた石器です。使用によって刃先が鈍くなると、刃先を更新し繰り返し使用していました。荒屋型彫器と呼ばれるこの石器は、東日本を中心に北東アジアに広く分布しています。

作品所在地の地図

関連リンク

彫器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彫器
彫器
彫器ほか
彫器
荒屋遺跡
ページトップへ