文化遺産オンライン

志野茶碗 銘 振袖

しのちゃわん ふりそで

作品概要

志野茶碗 銘 振袖

しのちゃわん ふりそで

陶磁 / 安土・桃山 / 江戸

美濃

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

陶製

高8.2 口径13.0 高台径6.6 495g

1口

美濃(岐阜県)では、16世紀後半になると、白い長石釉を施した志野を作り出し、さらに釉薬の下に鉄絵具で文様を描き、日本初の下絵付けがなされました。白肌を透かして薄の文様がうっすらとみえており、志野の魅力がよくあらわれた茶碗です。

志野茶碗 銘 振袖をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

志野 / Shino / 美濃 / Mino

関連作品

チェックした関連作品の検索