文化遺産オンライン

黒織部沓形茶碗 銘 鶴太郎

くろおりべくつがたちゃわん かくたろう

作品概要

黒織部沓形茶碗 銘 鶴太郎

くろおりべくつがたちゃわん かくたろう

陶磁 / 江戸

美濃

江戸時代・17世紀

高8.9 口径14.5*11.6 底径6.4

1口

美濃では17世紀になると、器形・釉薬・文様に変化のある織部(おりべ)焼を作る。このように楕円形に歪(ゆが)めた沓(くつ)形茶碗は織部焼に多い。織部焼のうち、全体に黒い釉薬をかけ、一部に白地を残して鉄絵で文様を描いたものを黒織部(くろおりべ)という。

黒織部沓形茶碗 銘 鶴太郎をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織部 / / 茶碗 / 沓形

関連作品

チェックした関連作品の検索