文化遺産オンライン

獅子牡丹堆朱大香合

概要

獅子牡丹堆朱大香合

漆工 / 室町

室町時代・16世紀

1合

 表面は、素地に獅子牡丹の文様を彫り込み、朱漆を塗って仕上げている。いわゆる鎌倉彫による作品である。獅子と牡丹の組み合わせは、室町時代大いに流行したもの。特に鎌倉彫の作品には、このように獅子に比べて牡丹を大きく扱う例がよく見られる。

獅子牡丹堆朱大香合をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ Muromachi / 室町 / 鎌倉彫

関連作品

チェックした関連作品の検索