獅子牡丹蒔絵鏡箱 ししぼたんまきえかがみばこ

漆工 / 南北朝 

南北朝時代・14世紀
1合

図柄は金の研出(とぎだし)蒔絵だけで描かれており、輪郭や細部の表現には描割(かきわり)が駆使されている。また粉(ふん)の蒔き方に疎密をつけ、蒔暈(まきぼか)しの手法を用いるなど、色調に変化をもたらす工夫が凝らされている。獅子と牡丹の組み合わせは鎌倉時代から見られ、室町時代にはおおいに流行した。

作品所在地の地図

関連リンク

獅子牡丹蒔絵鏡箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊蒔絵鏡箱
菊枝蒔絵手箱
獅子牡丹堆朱大香合
撫子蒔絵硯箱
撫子蒔絵硯箱

山本春正作

輪宝羯磨獅子蒔絵戒体箱
ページトップへ