書状 しょじょう

 / 安土・桃山 

本阿弥光悦筆
安土桃山時代・16世紀
紙本墨書
1幅

 本阿弥光悦は安土桃山から江戸初期の工芸家。本阿弥家は刀剣の鑑定・研磨を家業とする一族。号は徳友斎。その才能は絵画・書・蒔絵・陶芸に及び、交友も多岐にわたる。本書状からも丹羽長秀、前田利家との関係がうかがわれる。(とくゆうさい、にわながひで、まえだとしいえ) 

作品所在地の地図

関連リンク

書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状
書状

本阿弥光悦筆

和歌巻
和歌巻

本阿弥光悦筆

和歌巻断簡
舟橋蒔絵硯箱〈本阿弥光悦作/〉
舟橋蒔絵硯箱
舟橋蒔絵硯箱

本阿弥光悦作

ページトップへ