法門百首切 ほうもんひゃくしゅぎれ

 / 平安 

伝寂然筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

金銀の切箔と銀の野毛を散らした優雅な料紙に、『法門百首』を書写した断簡。『法門百首』とは、仏教に関して詠んだ和歌を、季節などの部立にもとづいて寂然(藤原頼業)が編集したもの。本作の題「青葉紅花非染使然」は、春の部立である。
ルビ:きりはく、のげ、りょうし、

作品所在地の地図

関連リンク

法門百首切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村雲切
村雲切

伝寂然筆

二十巻本歌合断簡(柏木切)
堀河院百首切「あさかほの」
万葉集(栂尾切)
寂蓮無題百首
ページトップへ