二十巻本歌合断簡(柏木切) にじっかんぼんうたあわせだんかん かしわぎぎれ

 / 平安 

伝藤原俊忠筆
平安時代・12世紀
紙本墨書
1幅

「二十巻本歌合(類聚歌合)」は12世紀初頭に編集されたもので清書本はなく、草稿本が近衞家に伝わった。その中から分割された断簡が「柏木切」「二条切」と呼ばれる。本作は歌合の最後の一首のようで、淡墨の界線を引いた料紙に書写された連綿が美しい。ルビ:るいじゅううたあわせ、せいしょ、そうこう、このえけ、にじょうぎれ、たんぼく、かいせん、りょうし、れんめん

作品所在地の地図

関連リンク

二十巻本歌合断簡(柏木切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中宮篤子内親王侍所歌合断簡(二十巻本歌合)
天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)
十巻本歌合切
十巻本歌合切

伝宗尊親王筆

類聚歌合
類聚歌合

伝藤原忠家筆

内大臣殿歌合 (元永二年七月)
ページトップへ