十巻本歌合切 じっかんぼんうたあわせぎれ

 / 平安 

伝宗尊親王筆
平安時代・11世紀
紙本墨書
1幅

「十巻本歌合」巻九に収められていた、長保5年(1003)5月15日に藤原道長(966~1027)が催した「左大臣家歌合」の断簡です。その歌合は、1日から行っていた法華三十講の法楽として京極殿で開催されました。「対水辺松」という題目で競い合った部分です。ルビ:ふじわらのみちなが、さだいじんけうたあわせ、ほっけさんじっこう、きょうごくでん、みずべのまつにたいして

作品所在地の地図

関連リンク

十巻本歌合切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中宮篤子内親王侍所歌合断簡(二十巻本歌合)
二十巻本歌合断簡(柏木切)
内大臣殿歌合 (元永二年七月)
天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)
寛平御時后宮歌合(十巻本歌合)
ページトップへ