武陵桃源図 ぶりょうとうげんず

絵画 / 江戸 

渡辺玄対筆
江戸時代・18~19世紀
絹本着色
143.9×49.9
1幅

 桃の花咲き続く仙境@せんきょう@に漁師が迷い込み、帰るのを忘れたという陶淵明@とうえんめい@『桃花源記@とうかげんき@』が主題。物語は下から上へ展開、下方に舟上の漁師、桃花の林が続き、奥に桃源郷@とうげんきょう@が広がる。群青@ぐんじょう@や緑青@ろくしょう@など濃厚な絵の具を用いた青緑@せいりょく@山水で、14歳年下の谷文晁@たにぶんちょう@と互いに影響し合った渡辺玄対の代表作だ。

作品所在地の地図

関連リンク

武陵桃源図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武陵桃源・蓬莱仙境図
楊柳白鷺図
楊柳白鷺図

渡辺玄対

八仙人図
八仙人図

谷文晁

牡丹図
牡丹図

〓桃

帰去来図
帰去来図

渡辺玄対筆

ページトップへ