文化遺産オンライン

地紙散透鐔

じがみちらしすかしつば

作品概要

地紙散透鐔

じがみちらしすかしつば

その他 / 江戸

伝正阿弥作

江戸時代・18世紀

1枚

銘文:無銘 伝正阿弥

地紙とは扇や笠に貼るためその形を合わせた紙を指し、これは地紙の上に沙綾形、七宝繋、秋草など様々な文様、風景を華やかにあらわしている。正阿弥派はこうした鉄地に金の布目象嵌を施した作品を得意とし、江戸時代には京都、伊予、阿波など全国に広がった。
るび じがみ さやがた しっぽうつなぎ しょうあみは

地紙散透鐔をもっと見る

伝正阿弥作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 地紙

関連作品

チェックした関連作品の検索