地紙散透鐔 じがみちらしすかしつば

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

伝正阿弥作
江戸時代・18世紀
1枚
銘文:無銘 伝正阿弥

地紙とは扇や笠に貼るためその形を合わせた紙を指し、これは地紙の上に沙綾形、七宝繋、秋草など様々な文様、風景を華やかにあらわしている。正阿弥派はこうした鉄地に金の布目象嵌を施した作品を得意とし、江戸時代には京都、伊予、阿波など全国に広がった。
るび じがみ さやがた しっぽうつなぎ しょうあみは

作品所在地の地図

関連リンク

地紙散透鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八つ木瓜形唐草象嵌鐔
梅花短冊透鐔
梅花短冊透鐔

古正阿弥

梅樹透鐔 無銘 伝京正阿弥
破扇散鐔〈無銘林又七/〉
宝尽七宝文鐔
宝尽七宝文鐔

平田彦四郎

ページトップへ