Official

Details

Official

ceramics / Tang Dynasty / China

Place of production:China

Tang dynasty, 7th–8th century

Earthenware with three-color glaze

高103.5

1躯

1981年に洛陽南郊の安菩夫婦墓から出土した三彩俑に本作品ときわめてよく似た例があり、紀年を知る典型作と評されています。安菩は中央アジア出身で、唐に仕えた人物。当初長安に埋葬されましたが、景龍三年(709)に夫婦合葬のため墓は洛陽へ移されました。

Search by Official

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Tang / 三彩 / China / さんさい

Related Works

Search items related to work chosen