文化遺産オンライン

不動三尊像

作品概要

不動三尊像

絵画 / 江戸

勝山琢舟筆

江戸時代・18世紀

紙本着色

172.3x130.2

1幅

作者・琢舟(たくしゅう)は江戸時代の画家。この絵は、鎌倉時代の作品で近年重要文化財となった、滋賀・明王院(みょうおういん)の画像を彼が写したものであることが明らかになった。明王院にも彼の手になるもう一図の模本がある。古典的仏画が時代を通して影響力を持っていた証(あか)し。20090511_t031

不動三尊像をもっと見る

勝山琢舟筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

明王 / 五大 / 威徳 / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索