文化遺産オンライン

不忍池ノ図

しのばずのいけのず

作品概要

不忍池ノ図

しのばずのいけのず

絵画 / 江戸

亜欧堂田善筆

江戸時代・19世紀

紙本銅版墨摺

24.5×36.4

1枚

亜欧堂田善は、司馬江漢の影響を受けて銅版画や油彩画など、西洋の表現技法を取り入れた作品を描いた。本図は、上野山下から寛永寺に向かう坂の途中の雑木林越しに不忍池を見た図で、光の明暗を強調し、樹木の幹を描き分ける銅版表現の多様な試みがなされている。

不忍池ノ図をもっと見る

亜欧堂田善筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

銅版 / 亜欧堂田善 / 田善 / 市立

関連作品

チェックした関連作品の検索