振袖 白綸子地大菊小花模様 ふりそで  しろりんずじおおぎくこばなもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・17世紀
1領

回文と呼ばれる稲妻形のパターンに、蓮と牡丹の折枝模様を散らした地紋が織り出された綸(りん)子(ず)に、刺(し)繡(しゅう)と絞(しぼ)りで模様を表す。振袖は未婚の女性であることを表す。肩に大きく菊花の模様を表すデザインは寛(かん)文(ぶん)美(び)人(じん)図(ず)に見られる。右半身に弧(こ)を描くように模様を表す寛文小袖の典型。

作品所在地の地図

関連リンク

振袖 白綸子地大菊小花模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

振袖 白綸子地菊雲模様
小袖 紅綸子地雪持笹桜模様
縫箔 黄地芥子模様
帷子 白麻地唐扇藤牡丹菊模様
小袖 白綸子地大菊波模様
ページトップへ