小袖 白綸子地花車模様 こそで しろりんずじはなぐるまもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

 紺と紅の鹿の子絞りで花車の車輪や桜・菊・牡丹などの花を表わす。花籠からあふれる花々、小袖全体に表される刺繡(ししゅう)と絞りによる華やいだ模様は元禄期のデザインの傾向。現状は前裾を短くし、肩のラインを20cmほど前身頃におろして仕立て直されている。(20130820_h101)

作品所在地の地図

関連リンク

小袖 白綸子地花車模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

打掛 白綸子地梅桜牡丹菊花車模様
紅綸子地花車模様打掛
小袖 白綸子地牡丹藤菊花束紗綾形模様
打掛 白綸子地枝垂桜花車模様
小袖 紅綸子地雪持笹桜模様
ページトップへ