文化遺産オンライン

織部扇形蓋物

おりべおうぎがたふたもの

作品概要

織部扇形蓋物

おりべおうぎがたふたもの

陶磁 / 江戸

美濃

江戸時代・17世紀

高11.0 径28.5*23.7

1合

美濃+みの+では慶長年間(1596-1615)に織部+おりべ+と呼ばれる作風を樹立し、破格の造形美を作り出した。伝統的な扇形を蓋物として造り上げ、織部独特の緑釉+りょくゆう+と銹絵+さびえ+を組み合わせて装飾し、うつわ全体に独創性がみなぎっている。(横山梓氏執筆)

織部扇形蓋物をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織部 / / / Oribe

関連作品

チェックした関連作品の検索