文化遺産オンライン

織部開扇向付

おりべかいせんむこうづけ

作品概要

織部開扇向付

おりべかいせんむこうづけ

陶磁 / 江戸

美濃

江戸時代・17世紀

陶製

高4.8 径14.6*16.5

5口

織部+おりべ+では破格の造形が数多く生み出された。それまでのやきものが円形を中心としていたところに、このような扇形が作られたこともその一例である。見込みに洲浜状の段を設け、扇骨は透彫で表わされる。そこに緑釉と白釉を掛け分けて当時流行の片身替+かたみがわり+の意匠に仕立てている。(横山梓氏執筆)

織部開扇向付をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織部 / / 向付 / Oribe

関連作品

チェックした関連作品の検索