文化遺産オンライン

織部瓜文硯

おりべうりもんすずり

作品概要

織部瓜文硯

おりべうりもんすずり

陶磁 / 江戸

美濃

江戸時代・17世紀

高2.7 径17.0*15.5

1面

織部の中で銅緑釉だけを掛けたものを総織部という。総織部では下絵付けができないため、装飾は貼付文や印花、刻花で行なう。この硯では瓜と蔓の意匠を貼付けで行なっている。面白いのは瓜の部分が水滴の役割を果たすことで、傾けると水が硯の海の部分に流れ出す仕組みである。

織部瓜文硯をもっと見る

美濃をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織部 / / Oribe /

関連作品

チェックした関連作品の検索