三宝絵詞 さんぼうえことば

その他の画像全50枚中16枚表示

 / 鎌倉 

鎌倉時代・文永10年(1273)
紙本墨書
(各冊)縦27.5 横16.7
3冊
国宝

『三宝絵詞』は、永観2年(984)に源為憲が編集した仏教説話集で、本来の書名は「三宝絵」という。冷泉天皇の第2皇女尊子内親王のために仏教を平易に説明したもので、仏・法・僧の三宝を上中下の3巻とした。粘葉装(でっちょうそう)の冊子本で、鎌倉時代の完本として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

三宝絵詞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三宝絵
三宝絵

源為憲撰 伝源俊頼筆

三宝絵断簡(東大寺切 に花こむ経を)
三宝絵詞
源氏物語絵詞
長秋詠藻〈上中下/〉
ページトップへ