三宝絵 さんぼうえ

歴史資料  文書・書籍 / 平安 / 日本 

源為憲撰 伝源俊頼筆
みなもとためのり みなもととしより
平安時代後期/保安元年(1120)六月七日書写奥書
中・下巻残巻 唐紙墨書 綴葉装
縦24.2cm 横15.2cm
1帖
重要文化財

若くして仏門に入った尊子内親王のために、永観二年(984)に著された仏教の教養書。伝本が少なく、本書は現存最古のものである。白胡粉地に花菱唐草などの文様を雲母刷りにし、七行の界線を施した料紙を用いている。仮名に漢字を交ぜた優美な筆跡が好まれたため、かなりの部分が切り取られて「東大寺切」の名で諸所に分蔵されている。

作品所在地の地図

関連リンク

三宝絵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三宝絵断簡(東大寺切 に花こむ経を)
三宝絵詞
和歌初学抄〈藤原為家筆/〉
源家長記
続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉
ページトップへ