饕餮七宝卣 とうてつしっぽうゆう

陶磁 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・19世紀
七宝
総高32.0 長さ21.0 幅18.0
1合

明・清時代には、七宝の技法によって、しばしば古代の青銅器に倣った器物が制作されました。「卣」は青銅器の形のひとつで、把手のついた酒樽です。祭祀の時に香酒を容れました。「饕餮」とは青銅器を飾る獣面文様で、目を輝かせ、巨大な口を開けています。(180605_t092)

作品所在地の地図

関連リンク

饕餮七宝卣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

卣

饕餮文方彝 
饕餮文卣
卣

觚形尊
ページトップへ