文化遺産オンライン

「龍華樹院」板額

りゅうげじゅいん いたがく

作品概要

「龍華樹院」板額

りゅうげじゅいん いたがく

/ 平安

伝藤原行成筆

平安時代・11世紀

1面

 14世紀頃まで奈良にあった龍華樹院のものと思われる板額。裏面には「寛仁元年六月十一日題之」と行成風の筆致で揮毫されている。『徒然草』に「龍華院」の額字の筆者が藤原
行成だったという話があるが、本作とは別のものと考えられている。
ルビ:きごう、つれづれぐさ

「龍華樹院」板額をもっと見る

伝藤原行成筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 藤原 /

関連作品

チェックした関連作品の検索