文化遺産オンライン

五具足

ごぐそく

作品概要

五具足

ごぐそく

金工 / 江戸

村田整珉作

江戸時代・19世紀

銅製

1具

香炉、花瓶(かびん)一対、燭台(しょくだい)一対を1セットとしたものを五具足という。全体を雷文地龍文で細部まで細かく表わし、また耳、鈕(ちゅう)、脚台は麒麟(きりん)、鶴、亀を配すなど装飾性も高い。蝋型鋳物(ろうがたいもの)を得意とした江戸の鋳物師村田整珉(むらたせいみん)(1761~1837)の文政年間(1818~29)の作品。 
(2006/07/04_h14)(20131126_h131)(20131126_h131)

五具足をもっと見る

村田整珉作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

具足 / / 国立 / 康政

関連作品

チェックした関連作品の検索