文化遺産オンライン

袋角生成

作品概要

袋角生成

彫刻 / 昭和以降

中村直彦作

昭和時代・20世紀

木造、彩色

20.6×13

1面

 角はまだ袋に包まれ、白目もまだ金泥であるが、口の形、牙はすでに変身完了といったところ。鬼の一歩手前である。              

袋角生成をもっと見る

中村直彦作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 能面 / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索