梅樹透鐔 ばいじゅすかしつば

その他 / 江戸 

長曽袮当則
江戸時代・17世紀
1枚
銘文:銘 長曽袮當則作 越州住

 厳しい寒さのなかで、花開いた梅を透彫であらわした鉄鐔。梅は毎年春の先駆けとして花をつけ、清香を放つので、節度を守り不変の心を持つものとして讃えられた。幹や花は立体的な肉彫として、線彫を加えている。越前の長曾祢派の鐔工、当則の作である。  (2004/12/07_h133)

作品所在地の地図

関連リンク

梅樹透鐔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牟礼高松図鐔〈銘利寿(花押)/〉
巴透鐔〈銘信家/〉
巴透鐔
巴透鐔

信家

雨下猛虎図鐔〈銘利寿(花押)/〉
白梅図鐔
白梅図鐔

加納夏雄

ページトップへ