文化遺産オンライン

線刻阿弥陀如来鏡像

せんこくあみだにょらいきょうぞう

作品概要

線刻阿弥陀如来鏡像

せんこくあみだにょらいきょうぞう

金工 / 平安 / 和歌山県

出土地:和歌山県東牟婁郡那智経塚出土

平安時代・12世紀

銅鋳造

1面

熊野三所は本宮、新宮、那智を示し、それぞれの本地仏は阿弥陀如来、薬師如来、十一面千手観音と考えられている。これら3面はその本地仏を1体ずつ、薄手で大型の素文長方鏡の鏡面に蹴彫りで表したもの。3面一具として制作され、用いられたものであろう。

線刻阿弥陀如来鏡像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 表す / 本地 /

関連作品

チェックした関連作品の検索