秋草双鳥鏡(線刻十一面観音鏡像) あきくさそうちょうきょう せんこくじゅういちめんかんのんきょうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 平安 

平安時代・平治元年(1159)
銅鋳造
1面
重要文化財

 右手に数珠を持ち、左手に蓮華を執る十一面観音を線刻しています。こうした鏡の表面に、神や仏の像を線刻や彩色で表わしたものを鏡像といいます。裏は秋草に流水、蝶鳥を配した典型的な平安時代の和鏡文様で、平治元年の銘文を記しており、資料的価値も高いものです。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草双鳥鏡(線刻十一面観音鏡像)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

線刻十一面観音鏡像(萩蝶鳥文鏡)
線刻十一面観音鏡像
阿弥陀如来鏡像(松喰鶴文鏡)
絹本著色十一面観音像
木造十一面観音立像
ページトップへ