Incense Burner with Lion Knob and Handles

Details

Incense Burner with Lion Knob and Handles

metalwork / Taisho / Showa onward

By Katori Hozuma (1874-1954)

Taisho-Showa era, 20th century

Cast bronze

1合

 蓋の紐と身の耳に大小の獅子を据えた香炉。香取秀真は東京美術学校で鋳金を学び、古典的モティーフを継承しながら、確かな技術に裏づけられた格調高い作品を数多く残した。歌人としても著名で、また東洋金工史の研究にもすぐれた業績をあげた。     

Related Works

Search items related to work chosen